© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

(京都)フリースタイルな僧侶たちの聲明 – 伝統芸能文化創生プロジェクト 講座シリーズ#1

written by

フリースタイルな僧侶たちの聲明May Buddha Bless You!!

「伝統芸能文化創生プロジェクト 講座シリーズ」は、専門家や活動団体、研究機関とのネットワークから毎回異なる講師をお招きし、独自の切り口で伝統芸能文化を紹介する講座です。
 第一回は、関西を中心に活動しているお坊さんの団体「フリースタイルな僧侶たち」のメンバーを講師としてお招きし、聲明(しょうみょう)に焦点を当てます。キリスト教には讃美歌を歌う聖歌隊があるように、仏教にもお経に節をつけて歌う専門の僧侶がいました。お能や狂言といった日本の伝統的な声楽の多くは、この聲明(唄うお経)をルーツに持っていると言われています。節をつけられたお経がたくさんの人によって唱えられると、お能の謡と同様に倍音が増幅されて独特の濃密な音楽空間が作り出されます。
 今回の講座では、聲明についてのお話と実演をしていただいた後、参加者の皆さんも実際に声を出して聲明を体験できる場を設けます。

●日時:2017年7月29日 (土) 15:00-16:30
●会場:一念寺
   ▶︎京都市下京区柳町324(東中筋通花屋町下ル)
●集合:14:50(時間厳守)に植松児童公園
   ▶︎京都市下京区紅葉町(東中筋通正面南東角)
   ▶︎下部の地図をご参照ください
●参加費:500円
●要申込:下記のURLより、お申込みください
   ▶︎http://www.kac.or.jp/events/21447/
●主催:伝統芸能アーカイブ&リサーチオフィス(京都市、京都芸術センター)
●協力:文化庁地域文化創生本部、フリースタイルな僧侶たち
●助成:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
●問合せ:
伝統芸能アーカイブ&リサーチオフィス(京都芸術センター)
TEL:075-213-1000
FAX:075-213-1004
E-mail:info@kac.or.jp

一念マップ

●「伝統芸能文化創生プロジェクト」とは
歴史を通じて形成されてきた伝統芸能文化を発信し将来に継承する拠点施設となる「伝統芸能文化センター」 が備えるべき機能の実現を目指して、研究、創造・普及、窓口、ネットワーク・コーディネート、国内外への発信・交流といった機能を強化していくための取組です。「伝統芸能アーカイブ&リサーチオフィス(TARO)」 が主体となって、このプロジェクトを推進していきます。

●講師プロフィール
IMG_3003・竹林真悟(たけばやし・しんご)
1972年北海道生まれ。
就職氷河期に就職活動失敗。失意の中、京都観光を試みるも、猛暑で断念。陽射しを避けるために入ったお堂で、僧侶養成学校の入学案内を手にして翌年僧侶へ。
現在はお檀家参りをしつつ、西本願寺の境内案内「お西さんを知ろう」に従事。
「フリースタイルな僧侶たち」では“ハナ唄になるまでが理想の聲明講座”、“寺院散策と仏像鑑賞が趣味の坊さんとブラブラするツアー”を担当。
趣味、ガンダム。

・若林唯人(わかばやし・ただと)
1982年大阪生まれ。
お寺の長男として生まれ、幼少期からお寺を継ぐことを意識。
2015年4月より、フリースタイルな僧侶たちの2代目の代表に。フリーマガジンの編集の他、”アラサー僧侶とゆるーく話す会”等を担当。

地図を読み込んでいます…

日時

2017/07/29
3:00 PM – 4:30 PM

会場

浄土真宗本願寺派 一念寺

カテゴリー



コメントは利用できません。

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」大河戸悟道

お題「らしさ」 ☆Vol.45 Winner☆ 文: 大河戸悟道 真宗高田派僧侶 愛知県豊橋市の田舎寺院で住職をしております。 …

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」服部元壽

お題「らしさ」 文: 服部元壽 浄土真宗本願寺派僧侶 東京出身、27歳。大阪で仏教勉強中。 仏教✕書道=相田みつを 仏教✕農業✕…

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」平野晃嗣

お題「らしさ」 文: 平野晃嗣 曹洞宗 三重県 観音寺 修行期間:生涯修行 座右の銘:今の一当は、昔の百不当の力なり、百不当の一老…

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」増田将之

お題「らしさ」 文: 増田将之 浄土真宗本願寺派 自分らしい、僧侶の姿を求めて“フリースタイルな僧侶たち”に関わらせてい…

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」佐山拓郎

お題「らしさ」 文: 佐山拓郎 浄土系単立天恩山五百羅漢寺 住職 昭和のある年の秋彼岸、東京下町の小さなお寺で生まれる。 前職はサ…

ページ上部へ戻る