© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

20125/1

メールマガジン「仏教の本質を伝えたい。お寺を地域のコミュニティー空間に」

written by

本日配信のメルマガでは、大道芸で観客を喜ばせる住職 増田俊康円東寺さん(42歳・真言宗豊山派)のインタビューを掲載しています。

増田さんの行動原理の一つに、寺院を地域のコミュニティーとして活用するという強い想いがある。「昔はみんなが集まって、わいわいやっているのがお寺だった。とにかく人間味の通った暖かい空間にしたい。そんな原点回帰になれば」と。そのような想いがイベントの開催などに繋がっている。イベントは手作りで、チラシは自転車に乗って、近所にポスティングしていく。行事によっては2000枚ものチラシをまくことも。「こうしたコツコツとやっていくことも、修行だと思っている」。……

イベント情報なども掲載!

全文を読みたい方はこちからから。メルマガ登録もぜひ!

メルマガ購読・解除
????読者購読規約

 

関連記事:


関連記事

コメントは利用できません。

201212/1

過去のなかにある未来~フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジンVol.20

フリーマガジンもついに20号に到達。 隔月で発行してきましたので、創刊から今日まででおよそ3年半が経過しました。 この間に、新しく誕…

vol37

201510/1

Vol.37 僧侶の目から見える「苦悩」の光景 ー臨済宗妙心寺派 細川晋輔ー

 秋の気配深まる10月1日、フリーマガジンVol.37を発行しました! 生きていれば誰もが避けられない、大切な人との別れ。私たちはそれに遭遇…

20123/11

震災1周年に寄せて

東日本大震災からちょうど1年が経過しました。 震災によって命を失った多くの方々と、いまなお厳しい生活を余儀なくされている多くの方々に、…

vol42_p1

20168/1

Vol.42 拝観料のゆくえ

いよいよ夏本番の8月1日、フリースタイルな僧侶たちVol.42「拝観料のゆくえ」を発行しました!  日々何気なく歩いている、あの道…

vol.34表紙

20154/1

Vol.34 ややディープな法話「経教はこれを喩ふるに鏡のごとし」

4月1日、フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン34号を発行しました! お坊さんは「お経を読む」イメージがありますが、お経を読む意味って…

ページ上部へ戻る