イベント

  • イベントはありません

© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

20123/11

震災1周年に寄せて

written by

東日本大震災からちょうど1年が経過しました。

震災によって命を失った多くの方々と、いまなお厳しい生活を余儀なくされている多くの方々に、慎んで哀悼の意を捧げるとともに、いつかきっと再び平穏な日々が訪れることを私たちは祈念しております。

この1年を振り返りますに、私たちは仏教者として常に被災された方々のことに想いを寄せてきました。NPO法人アーユス仏教国際協力ネットワーク、および、津波で流された位牌をきれいに修復して持ち主に届けるプロジェクト『SAVE Pray JAPAN』などと連携をはかりながら、震災復興支援に携わってまいりました。

充分な支援ができたかと問われれば、反省するところもやはりありますが、今後長く震災復興支援に関わっていくことを約束し、ご了解をいただければと思います。

震災という未曾有の災害がきっかけとなって、仏教が社会とどう関わるかを改めて感じさせていただくことになりました。震災によって、日本人に「利他」の心が強くなったという指摘もあります。「利他」という仏教語は、人は「自分のため」(もちろん仏教的な判断基準に基づいてですが)に生きるのが大切であるとおなじぐらい、「他者のため」に生きることの大切さを説くものです。

かつてのように物質的な豊かさを信仰するよりも、たとえ物質的には豊かでなくても、人々の繋がりを大事にし、豊かに安らかに生きるすべを模索すべき時代に来ています。「絆」という言葉がしきりに用いられるのも、そのひとつの現れでしょう。

私たちのスタッフは、震災1周年という日を迎えるにあたり、宮城県の沿岸地域に向かい追悼法要に携わっている者もおりますし、自坊において厳かに法要をつとめて祈りを捧げている者もおります。

今後も、皆様方とともに、復興支援に力を尽くしてまいりたく、よろしくご協力のほどお願い申し上げます。

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • ニュース

関連記事

コメントは利用できません。

20134/1

フリーマガジンVol.22「経典をナナメから読む」/お坊さん漫画連載開始!

4月1日付で第22号を発行しました。 巻頭特集は弊誌編集メンバーの池口龍法×辻村優英による対談「経典をナナメから読む」 「仏教は失恋…

おすすめ新着イベント:(京都)国境なき僧侶団/(名古屋)料理僧が語る「ほとけごはん」

おすすめイベントをいくつか掲載しましたので、ご紹介します! 同じ仏教徒同士が国境を越えて連帯できるなら、国際紛争などを解決していくための新し…

p1

20184/1

Vol.49 藤野正寛 – 苦あるいは生きづらさ、のその先へ

たいへん告知が遅れましたが…、 2月1日「フリースタイルな僧侶たち」vol.49を発行しました! 仏教では、ある意味で 苦は智慧を身…

20141/24

「経典をナナメから読む会」休止のお知らせ

某スタッフの失恋を機に、平成22年の1月から「経典をナナメから読む会~仏教は失恋に効くのか!?~」を開始してきました。昨秋、勉強会の甲斐…

vol43_p1

Vol.43 フリスタが見た 尼僧アイドルの素顔

パリッと焼き目がついたサンマが恋しい10月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.43を発行しました。 表紙には、大きなお団子頭…

ページ上部へ戻る