© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」大河戸悟道

written by

お題「らしさ」

☆Vol.45 Winner☆

文: 大河戸悟道

真宗高田派僧侶
愛知県豊橋市の田舎寺院で住職をしております。
僧侶であることや、お寺に居ることを楽しめるよう色々な方のお話を伺っております。

 世は「自分らしさ」ブームであろうか。自分の性格判断をし、適性を調べ、前世を探り、守護霊まで引っ張り出して「らしさ」を実現しようとする。果たして自分らしく生きることができれば人は幸せなのだろうか? そもそも自分なんてものは、時代や国が違えば全くの別人になってしまう、そんな実体のないのが自分なんです。ちょうど空に浮かぶ雲が気圧や気温でその姿を変えるようなもの。そんなものが「らしさ」を追い求めても、それこそ雲をつかむようなもので、どこまで追っても「らしさ」を捕まえることなんてできないでしょう。むしろ「らしさ」に囚われることで、自分を見失ってしまうことでしょう。
そこで私は敢えて言う。「らしさ」なんて考えるのをやめてみようよ。勿論誰にだって個性や能力差はあるけれども、そんなものは縁があれば出るし、縁が無ければ一生出番なしに終わってしまうもの。実はあなたが「らしさ」なんて忘れてのんびり過ごしている時、あるいはそれどころじゃないと遮二無二なっている時、あなたの気づかないところで、あなた一番の「あなたらしさ」をみんなは認めていることでしょう。

【審査員の評価】

総合評価:4.2/5段階中

[渡邉] 4.5
「らしさ」は必要だし素敵なもので、でもそれに囚われなくてもいいんだよ、と教えて頂けました。シンプルだけど(シンプルだから?)とても頷けます。
途中サラッと「縁」と仰っていて、仏教の中で「らしさ(≒個性)」を考えるとき、ヒントになるキーワードだな、と思いました。
こんな風に考えられれば、肩の荷が少し軽くなりますね。

[脇屋] 4
自分らしさブーム。すごく共感しました。
私も自分らしさなんて考えても全然つかめません。とりあえず設定してみて安心してそのギャップに悩んだり。何にも囚われず無になる時がいちばん心が安らぎます。「らしさ」なんて考えるのやめてみようよ。そう言われると気持ちが楽になりますね。

[中島] 4
実は世の中のメディアがやたらと都合のいい言葉として「あなたらしく」「わたしらしい」とキャッチコピーに多用するから、変に意識してるだけかもしれませんね。
実際はみんなハイスペックを目指して、それで玉砕したりして、らしさに戻ってくるのがほとんどかも。
らしさって格好いいのと悪いのとありますが、じつはどっちもどっちで、雲みたいなもんなんですよね。。

☆しりとり法話バトルとは・・・僧侶たちが毎月しりとり形式で出されるお題にのっとって法話を作り、きびしい審査によって本誌掲載・非掲載のふるいにかけられる、フリスタ史上まれにみるサバイバルな企画。ウェブでは、残念ながら掲載に至らなかった法話と、審査員の評価を公開しています。

  

関連記事:


関連記事

コメントは利用できません。
vol39hyousi

20162/1

Vol.39 ふつうのお坊さんの生態 曹洞宗 小原泰明

2月1日、フリースタイルな僧侶たちVol.39「ふつうのお坊さんの生態」を発行しました! これまでフリースタイルな僧侶たちでは…

しりとり法話バトル:第5回「留守」増田将之

お題「留守」 文:増田将之 浄土真宗本願寺派 真栄寺衆徒仏教伝道協会職員「フリースタイルな僧侶たち」副代表   小学校2年生になる…

20122/1

フリースタイルな行者の精進生活(5)

昨年12月11日。5日間の不断護摩行に入る前日。「もう迷いなし」といって、堂の扉を閉める。今より一切の食事、熱量となるものは摂取しない。…

しりとり法話バトル:第17回「ノーギャラ」稲田瑞規

お題「ノーギャラ」 文: 稲田瑞規 浄土宗・称名寺 24歳の駆け出し僧侶。京都のお寺で育ちました。 趣味は中古CDを集めること…

20142/10

『日経ビジネスアソシエ』2014年3月号にインタビュー掲載

本日(2月10日)発売の『日経ビジネスアソシエ』の特集「ひらめき脳は作れる!」にて、私 池口のインタビューを掲載していただいています。 …

ページ上部へ戻る