イベント

  • イベントはありません

© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

201510/1

Vol.37 僧侶の目から見える「苦悩」の光景 ー臨済宗妙心寺派 細川晋輔ー

written by

vol37 秋の気配深まる10月1日、フリーマガジンVol.37を発行しました!
 生きていれば誰もが避けられない、大切な人との別れ。私たちはそれに遭遇するたびに、苦悩します。では、こういった苦悩を抱える私たちに仏法を通して寄り添うことが、存在意義のひとつであるともいえるお坊さんは、自身が苦悩に接した際にどのように苦悩を捉え、乗り越えるのでしょうか。
 今回寄稿してくださったのは、東京都世田谷区にある臨済宗妙心寺派・龍雲寺のご住職、細川晋輔さんです。 細川さんは修行中に二つの別れに接しました。そして苦悩の末に「自分の答え」が定まり、そこで初めて、ある仏教の教えが自分の血肉になったと言います。
一人の人間として、臨済宗の僧侶として接した苦悩の光景。
僧侶ではない私たちにも多くの示唆を与えてくれるはずです。

そのほか、今号の連載は下記の通り。
・連載漫画:「お坊さん日和。」第14話「さよなら!? みつあきくん(後編)」
・コラム:受けた恩を別の人に送る。恩が世の中を巡り巡る新しい社会のカタチ。
・連載企画:「しりとり法話バトル」 第10回のお題は「途中」
イベント情報はますます見やすくなりました!

フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine

オンラインでご覧になられる方は、パブーよりご覧ください:
http://p.booklog.jp/users/freemonk?s=1

関連記事:


関連記事

コメントは利用できません。

20122/1

フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジンVol.15

第15号(2月1日発行)の輪番編集長は、石尾山弘法寺 副住職の渡邊弘範さんが担当。 特集はなんと「ダライ・ラマ法王 in 高野山」。 …

vol43_p1

Vol.43 フリスタが見た 尼僧アイドルの素顔

パリッと焼き目がついたサンマが恋しい10月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.43を発行しました。 表紙には、大きなお団子頭…

しりとり法話バトル:第15回「友達」飯野顕志

お題「友達」 ☆Vol.42 Winner☆ 文: 飯野顕志 黄檗宗海瀧山王龍寺副住職 奈良県出身。29歳。からくさ模様の風…

201312/19

メリシャカライブ2013でのブース出展と震災復興支援の報告

12月15日、メリシャカライブ2013にて、「フリースタイルな僧侶たち」はスープとグッズ販売のブースを出展させていただきました。ライブス…

vol27p1

20142/1

Vol27「ウルトラ木魚、日本を救う!」

2月1日、第27号を発行しました。 日本が生んだスーパーヒーロー、ウルトラマンがぽくぽく叩かれる木魚に。 昨年後半、新聞やネット…

ページ上部へ戻る