イベント

  • イベントはありません

© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

201312/31

「日本フリーペーパー大賞2013」での受賞を紹介していただきました!

written by

kyotoshinbun_131231

すでにご報告したとおり、12月12日に「日本フリーペーパー大賞2013」での審査結果が発表され、弊誌は審査員特別賞を受賞しました。

そのことについて、これまでに共同通信社ほかの各種メディアで紹介していただいています。さらに、本日(12月31日)は京都新聞朝刊誌面において、以下のとおり掲載していただきました。

若手僧侶らが宗派を超えて仏教について発信するフリーマガジンがこのほど、観光庁などが後援する「日本フリーペーパー大賞2013」で、大賞に次ぐ特別賞を受賞した。代表で浄土宗僧侶の池口龍法さん(33)は「若い僧侶が伝統に縛られず自らを発信していく場が、社会的にも評価してもらえた」と手応えを感じている。

浄土宗や天台宗、真言宗の僧侶約30人でつくるグループ「フリースタイルな僧侶たち」が09年8月から隔月で発行している。輪番編集長を決め、それぞれの角度から仏教をめぐる話題に切り込む。

最新の26号は「お坊さんはなぜカッコイイのか?」。編集を手伝う女子大学生が僧侶にインタビューし、「生き方がわれわれと違うから引かれる」と分析した。

主催者が発表した受賞理由は「過去にこれほどリアルな僧侶たちをとりあげた雑誌はありません」。池口さんは「これからも好きなこと、面白いことを自由に取り上げていきたい。それがフリーペーパーの良さだから」と意気込んでいる。

当初は1500部だったが、現在は1万1千部を発行。京阪神や首都圏などの寺院や飲食店で無料配布しているほか、「フリースタイルな僧侶たち」のホームページからダウンロードもできる。

記事引用元:http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20131231000029(京都新聞社ホームページ)

紹介してくださったみなさま、どうも有難うございました。

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • ニュース

関連記事

コメントは利用できません。

20135/30

「経典をナナメから読む会」からの震災復興寄付金をSavePrayJapanに

フリースタイルな僧侶たち主催イベント「経典をナナメから読む会」では、参加費の一部を東日本大震災で被災された位牌の修復プロジェクト「Sav…

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」大河戸悟道

お題「らしさ」 ☆Vol.45 Winner☆ 文: 大河戸悟道 真宗高田派僧侶 愛知県豊橋市の田舎寺院で住職をしております。 …

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」増田将之

お題「らしさ」 文: 増田将之 浄土真宗本願寺派 自分らしい、僧侶の姿を求めて“フリースタイルな僧侶たち”に関わらせてい…

20152/10

『お坊さん日和。』だい12話

こんにちは!みつざわひろあき です。 寒い日が続きますが皆様お元気でしょーか。 ぼくはそこそこ、です。そこそこが一番です。 しかし…

koudanshagendai

20143/24

Web「講談社現代ビジネス」に池口龍法の本音トークを掲載

3月23日から3日間にわたって、Webサイト「講談社ビジネス」の「賢者の知恵」欄に、私 池口龍法の本音トークが掲載されることになりました…

ページ上部へ戻る