© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

201312/19

メリシャカライブ2013でのブース出展と震災復興支援の報告

written by

merryshakalive201312月15日、メリシャカライブ2013にて、「フリースタイルな僧侶たち」はスープとグッズ販売のブースを出展させていただきました。ライブスタッフのみなさま、それから、当日ブースにお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

売上から原材料費を差し引いた分の16,633円については、震災復興支援に寄付させていただきます。復興支援先は、一緒にブース出展していたキッチンnagomiの大塚茜さんが理事長をつとめる、特定非営利活動法人和の「石巻市認可外保育施設ちるぴよ」で、用途としては、被災家庭の乳幼児を預かる一時保育の運営になります。

http://chilpiyo0517.blog.fc2.com/

津波の影響がひどかった石巻市渡波地区。このちるぴよがあるあたりは少し高台になっていて、農地を市が買い上げ、新渡波地区として復興住宅が300戸できる予定になっています。このエリアに、一時保育施設があることは、復興住宅に住むことになる子育て世代の助けになるのでは、との考えから運営を存続させたいとのことです。

被災地の方々が安心して暮らせる社会になるよう、フリースタイルな僧侶たちでは引き続き支援を重ねていくつもりです。

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • ニュース

関連記事

コメントは利用できません。
vol44_p1

Vol.44 進化系お守り OMAMO

人肌恋しい12月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.44を発行しました。 表紙に並ぶ、ポップな色合いの和柄を上下に配した、か…

20124/15

メールマガジン「苦と向き合うことが、私の生き方」

本日配信のメルマガでは、傾聴ボランティアや自死追悼法要などさまざまな形で「苦」に向き合う島田絵加さん(光源寺副住職・東京都文京区)へのイ…

vol.48_p1

201712/1

Vol.48 おてらおやつクラブ

11月20日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.48を発行しました! まずは、発行がたいへん遅れましたことを、深くお詫び申し上げます…

vol38表紙

201512/4

Vol.38 自分のためにも -四国の僧侶、路上の供養- 曹洞宗 高木一晃

 12月1日、フリーマガジンVol.38を発行しました!  交通事故現場にお供えされたお花と、響き渡る般若心経。  フリスタの四国版…

201310/28

フリーマガジンVol25への感想をお聞かせください(プレゼントあります!)

フリーマガジンVol25「心が傷ついた子どもたちを救いたい!」はもうご覧いただけましたでしょうか。 簡単なアンケートをご用意しました。…

ページ上部へ戻る