イベント

  • イベントはありません

© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

201312/16

「経典をナナメから読む会」からの震災復興寄付金をSavePrayJapanに

written by

1418222_543730752370175_1602701696_n

フリースタイルな僧侶たち主催イベント「経典をナナメから読む会」では、参加費の一部を東日本大震災で被災された仏壇・仏具・位牌の修復プロジェクト「Save Pray Japan」に寄付し、震災復興支援のために用いさせていただいております。

http://savepray.jp/

1461966_543730745703509_1356062765_n12月16日付で、参加者よりお預かりしておりました支援金45,000円を「Save Pray Japan」宛に送金いたしました。これまでの同プロジェクトへの支援総額は192,000円になります。ここにご報告いたしますとともに、仏壇や位牌という心の拠り所を修復することを通じて、被災された方々の心が回復されますことを、「経典をナナメから読む会」参加者一同祈念申し上げます。

今回お送りした寄付は、Save Pray Japanを通じ、津波で壊れた仏壇の修理に充てていただきます。
1414869_543730749036842_2101335578_n津波で半壊した家の中に残っていた仏壇(写真参照)を、依頼者がどうしても直してほしいとのことで修理することになったそうです。
このお仏壇を購入したのは依頼者のお父さん。
お父さんは、遠洋漁業の船に乗って仕事をしていて、家に帰ってくるのは半年に1度くらい。遠洋漁業に出かけている間に、奥さんが亡くなってしまい、妻に何もしてやれなかったと、その時の遠洋漁業で手にしたお金をすべて使って買ったのが、この仏壇でした。
結構痛みも激しかったため、修復を断念したこともあったそうですが、解体して艶出しをしたところ、 だいぶ綺麗になってきました。 位牌についても先に修復を済ませました。

 

フリースタイルな僧侶たちでは引き続き震災復興支援に力を尽くしてまいります。

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • ニュース

関連記事

コメントは利用できません。

しりとり法話バトル:第12回「因果応報」大河戸悟道

お題「因果応報」 文:大河戸悟道 真宗高田派正太寺 住職 愛知県豊橋市の田舎寺院で住職をしております。 僧侶であることや、お寺に…

20152/10

『お坊さん日和。』だい12話

こんにちは!みつざわひろあき です。 寒い日が続きますが皆様お元気でしょーか。 ぼくはそこそこ、です。そこそこが一番です。 しかし…

20154/1

代表交代と事務所移転のお知らせ

代表交代と事務所移転のお知らせ 謹啓 春風の候 いよいよご清祥のこととお慶び申し上げます さて 私儀 …

20125/1

メールマガジン「仏教の本質を伝えたい。お寺を地域のコミュニティー空間に」

本日配信のメルマガでは、大道芸で観客を喜ばせる住職 増田俊康円東寺さん(42歳・真言宗豊山派)のインタビューを掲載しています。 増田さ…

20122/1

フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジンVol.15

第15号(2月1日発行)の輪番編集長は、石尾山弘法寺 副住職の渡邊弘範さんが担当。 特集はなんと「ダライ・ラマ法王 in 高野山」。 …

ページ上部へ戻る