© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

201310/1

フリーマガジンVol25「心が傷ついた子どもたちを救いたい!」

written by

vol25表紙10月1日、第25号を発行しました。

最新号では、特集記事として、支援団体「メッター」を取材。虐待などに苦しむ子供たちを救うため、ファミリーホーム設立に向けて奔走する僧侶たちの活動を取り上げています。

一般社団法人メッター ホームページ

「子どもたちの心の傷のケア」はとても大切な取り組みでしょうが、しかし、その困難さをまるで感じさせない楽しそうなこの表紙、なかなかいいと思いませんか?

ロケ地は、大阪ミナミの道頓堀。メッターはお寺に来る人を優しく迎えるだけではなく、苦しんでいる人がいればどこへでも出かけて行って寄り添う―――彼らの活動のベースにあるものを伝えたくて、このような表紙になりました。

それにしても、お坊さんは、なぜ、苦しみにあえて近づこうとするのか。その理由を探るべく、メッター代表の今城さんと、フリースタイルな僧侶たちスタッフの若林が対談しました。あわせて掲載していますのでぜひお読みください。

人気上昇中の連載漫画「お坊さん日和。」第四話は「シャカはヒーロー!?」

精進レシピは「きのこのご飯タルティーヌ」

その他イベント情報なども満載!!

フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine

オンラインでご覧になられる方は、パブーよりご覧ください:http://p.booklog.jp/book/77379

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • ニュース

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ新着イベント:(京都)国境なき僧侶団/(名古屋)料理僧が語る「ほとけごはん」

おすすめイベントをいくつか掲載しましたので、ご紹介します! 同じ仏教徒同士が国境を越えて連帯できるなら、国際紛争などを解決していくための新し…

vol29 8時だヨ!神さま仏さま

20146/1

Vol.29 「君は『8時だヨ!神さま仏さま』を知っているか?」を発行!

6月1日、第29号を発行しました。 今回は、兵庫県尼崎市界隈の水曜夜8時を騒がせているラジオ番組『8時だヨ!神さま仏さま』(コミュニテ…

20123/15

フリースタイルな僧侶たちのメールマガジンVol.023「仏教は失恋に効くのか?」

?こんにちは。 本日、フリースタイルな僧侶たちのメールマガジンを配信しました! 今回は池口代表のコラム「仏教は失恋に効くのか?」をお…

163 1

「朝日新聞 関西スクエア」8月号に弊誌の特集

 「朝日新聞 関西スクエア」会報に、弊誌が特集されました。  「朝日新聞 関西スクエア」とは、朝日新聞大阪本社が1998年、創刊120…

20132/5

フリーマガジンVol.21「東日本大震災 被災地の今を訪ねて」

来月11日、東日本大震災から2周年という節目を迎えます。 「フリースタイルな僧侶たち」は、震災後早々から募金活動を実施したり、追悼法要…

ページ上部へ戻る