© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

20136/1

フリーマガジンVol23「タイ・チェンマイのお寺で瞑想体験してきました!」を発行

written by

vol23p16月1日、最新号を発行!

巻頭特集は「タイ・チェンマイのお寺で瞑想体験してきました!」。フリーライターの山下敦子さんに、実際の修行体験をレポートしてもらいました。

わたしが瞑想に興味を持ち始めたのはヨガがきっかけ。先生の誘導する声に身を任せ目を閉じると、心が落ち着き体の力が抜けて気持ちがいい。「これが瞑想か」と家で実践すると思うように集中できない…。瞑想

すると集中力が上がりイライラしにくくなるというが、できないわたしのイライラはMAX(笑)。それから自分に合う瞑想法を探したくて、知り合いの僧侶や瞑想実践者にコツを聞いても瞑想に迷走する始末…。一体、瞑想って何だろう?そんな時に知った「世界各地から参加者が引っ切りなしに訪れるという瞑想寺」の存在。それならばと、3度の飯より体験取材好きなアラフォーライターが、いざタイ・チェンマイの寺へ行ってきました!・・・・・・

vol23p6好評だった漫画「お坊さん日和。」も連載。第2話は、「ころものきこなし」。お坊さんはなぜ、ころもを着るのでしょう。コスプレとの違いは!?

vol23p7 精進レシピは、「里芋とポルチーニ茸、松の実のラビオリ」。

イベント情報も盛りだくさんです。

みなさま、ぜひ入手してみてください!

フリーマガジン配布マップはこちら:http://www.freemonk.net/freemagazine

オンラインでご覧になられる方は、パブーに公開中:http://p.booklog.jp/book/71934

OnlyFreePaperの電子ブックポータルにもアップ!:https://onlyfreepaper.e-manager.jp/

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • ニュース

関連記事

コメントは利用できません。

20124/1

「苦しみ」という名の「ニーズ」に応える~フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジンVol.16

「フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン」第16号(4月1日発行)を発行いたしました。 今号の特集は、若手僧侶のなかでもひときわ注目…

20132/5

フリーマガジンVol.21「東日本大震災 被災地の今を訪ねて」

来月11日、東日本大震災から2周年という節目を迎えます。 「フリースタイルな僧侶たち」は、震災後早々から募金活動を実施したり、追悼法要…

しりとり法話バトル:第18回「らしさ」服部元壽

お題「らしさ」 文: 服部元壽 浄土真宗本願寺派僧侶 東京出身、27歳。大阪で仏教勉強中。 仏教✕書道=相田みつを 仏教✕農業✕…

おすすめ新着イベント:霊山正法寺「夕陽を観る会」

 実は毎月、ここかしこでさまざまな仏教系イベントが催されているのをご存じですか?  フリースタイルな僧侶たちのホームページでも、イベン…

20124/15

メールマガジン「苦と向き合うことが、私の生き方」

本日配信のメルマガでは、傾聴ボランティアや自死追悼法要などさまざまな形で「苦」に向き合う島田絵加さん(光源寺副住職・東京都文京区)へのイ…

ページ上部へ戻る