© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

201211/7

経典をナナメから読むラジオ6th

written by

お寺を訪ねると、観音菩薩や勢至菩薩など、さまざまな菩薩さんがいらっしゃいます。

菩薩とは、サンスクリット語(古代インド語)のボーディサットヴァ(bodhisattva)を音写した言葉であり、「菩提(さとり)を求める衆生」という意味です。すなわち、菩薩とは大乗仏教における修行者ということになります。

今回のテキスト「十地経」は、菩薩たちがさとりを求めてステップアップしていく過程が、10のステージ(=地)に分けて説かれる経典。さとりを求める菩薩の姿が、ロールプレイングゲームの勇者が魔王を倒すために経験値を積んで、レベルアップしていく姿と重なるのは私だけでしょうか。

「十地経」に描かれる世界観は、かなりファンタジックなところもありますが、そのエッセンスはもちろん、ステップバイステップで心を整えて、きちんと生きていくこと。そう考えるなら、私たちの日々の生活に、プラスになるところもあるのではないでしょうか。

ラジオはいつもよりも収録時間が長く、1時間近く語らっています。どうぞおつきあくださいませ。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • イベント

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ新着イベント:霊山正法寺「夕陽を観る会」

 実は毎月、ここかしこでさまざまな仏教系イベントが催されているのをご存じですか?  フリースタイルな僧侶たちのホームページでも、イベン…

20125/13

経典をナナメから読むラジオ!

昨日、無事に「経典をナナメから読む会」(第5回)が終了。テキスト『ブッダ・チャリタ』を読みながら、お釈迦様の前半生を振り返るひとときで…

おすすめ新着イベント:(京都)国境なき僧侶団/(名古屋)料理僧が語る「ほとけごはん」

おすすめイベントをいくつか掲載しましたので、ご紹介します! 同じ仏教徒同士が国境を越えて連帯できるなら、国際紛争などを解決していくための新し…

20129/16

経典をナナメから読むラジオ5th

早いもので私と辻村によるこのラジオ放送も5回目の放送になりました。 今回のテキストは「金剛般若経」。金剛とはダイヤモンドで、般若とは智…

vol44_p1

Vol.44 進化系お守り OMAMO

人肌恋しい12月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.44を発行しました。 表紙に並ぶ、ポップな色合いの和柄を上下に配した、か…

ページ上部へ戻る