イベント

  • イベントはありません

© フリースタイルな僧侶たち All rights reserved.

201211/7

経典をナナメから読むラジオ6th

written by

お寺を訪ねると、観音菩薩や勢至菩薩など、さまざまな菩薩さんがいらっしゃいます。

菩薩とは、サンスクリット語(古代インド語)のボーディサットヴァ(bodhisattva)を音写した言葉であり、「菩提(さとり)を求める衆生」という意味です。すなわち、菩薩とは大乗仏教における修行者ということになります。

今回のテキスト「十地経」は、菩薩たちがさとりを求めてステップアップしていく過程が、10のステージ(=地)に分けて説かれる経典。さとりを求める菩薩の姿が、ロールプレイングゲームの勇者が魔王を倒すために経験値を積んで、レベルアップしていく姿と重なるのは私だけでしょうか。

「十地経」に描かれる世界観は、かなりファンタジックなところもありますが、そのエッセンスはもちろん、ステップバイステップで心を整えて、きちんと生きていくこと。そう考えるなら、私たちの日々の生活に、プラスになるところもあるのではないでしょうか。

ラジオはいつもよりも収録時間が長く、1時間近く語らっています。どうぞおつきあくださいませ。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

関連記事:


  • written by
  • 1980年兵庫県生まれ。京都大学、同大学院ではインドおよびチベットの仏教学を研究。大学院中退後、2005年4月より知恩院に奉職し、現在は編集主幹をつとめる。2009年8月に超宗派の若手僧侶を中心に「フリースタイルな僧侶たち」を発足させて代表に就任(~2015年3月)。2014年6月より京都教区大宮組龍岸寺住職。京都新聞(毎月第1火曜日朝刊)に経典を読み解くコラムを連載中。 近著に『お寺に行こう!』(講談社)がある。
  • コメントは受け付けていません。
  • イベント

関連記事

コメントは利用できません。
スクリーンショット 2018-09-23 0.28.30

20189/23

甘味とともに死を味わう? 「死の体験旅行」が開催

皆さんは、「死」を意識することはありますか? かつて、お釈迦様は、「すべての者は必ず死に至る」と話されました。それはまるで、果実が…

20127/15

経典をナナメから読むラジオ3rd

毎月開催している「経典をナナメから読む会」のダイジェスト版を全国の皆さんに音声でお届けしようというのがこの番組。 今回のテーマは「律」…

DSCF5599

イベントレポート:仏教・ラヴァーズ・デイ

[caption id="attachment_2823" align="alignright" width="300"] 第2部。…

vol43_p1

Vol.43 フリスタが見た 尼僧アイドルの素顔

パリッと焼き目がついたサンマが恋しい10月1日、「フリースタイルな僧侶たち」vol.43を発行しました。 表紙には、大きなお団子頭…

広島講演会チラシ表

20188/17

宗教と医療のシンポジウム「ベッドサイドに仏教がある風景」が開催

第15回BDKシンポジウム「ベッドサイドに仏教がある風景─患者・家族・医療者と共に」が、8月30日(木)に開催。 講師に長倉伯…

ページ上部へ戻る